全身写真 のお客様にもご来店いただいています!

婚活写真・プロフィール写真・オーディション写真(モデル・芸能・演劇・声優・バレエ等)、アーティスト写真・選挙写真・宣材写真など、「見てもらう」「選んでもらう」写真を得意とするポートレートスタジオです。(遠方からもご来店いただいている理由があります。スタジオは本店下北沢店の2店舗となります)





フラワーデザイナー馬場慶子先生のプロフィール写真

フラワーデザイナー馬場慶子先生のプロフィール写真

みなさま、本店の撮影担当です。
本日は梅雨でじめじめとしたうっとうしさも忘れるくらいの、明るいお花とプロフィール写真の話題です!

昨年末に、フラワーデザイナーの馬場慶子先生の撮影をしました。
とても上品で、撮影中にお話をしていても華のある魅力的なお方でした。

もうかなり時間が経ってしまったのですが、新宿京王百貨店で開催された展示会でプロフィール写真をお使いいただきました。有難うございます。
気に入っていただけましたでしょうか?

人間国宝の井上萬二先生、そう有田焼の巨匠との「花と器のギフトコラボ展」で、馬場先生はフラワーアレンジメントを担当されました。

私も、展示会のご案内をいただいておりましたが、連日撮影の仕事が入っておりお伺いすることができず残念に思っていたところ、展覧会当日のお写真を送っていただきました!

器はもちろん、手前のお花も後ろのお花もアレンジメントが素敵で、心が安らぎますよね。

私もお花が好きで、先日閉園してしまいましたが、近所の京王フローラルガーデンアンジェによく行ったり、芝桜を見に富士五湖まで出かけたり。
でも、こうした会場の中では、アレンジメントの仕方ひとつで、お花がさらに生き生きしてくるんですね。

職業柄、いろいろなところを見てしまうのですが、仮にこのお花を無くなった会場を想像してみると・・・この会場の雰囲気はすこし冷たい雰囲気になってしまう気がします。
馬場先生アレンジメントのお花が添えられてこそ、会場全体が明るく、さらに井上先生の器も引き立ってくるのだと思いました。

そして、作家の先生のご紹介ということで、馬場先生に当店のプロフィール写真を使っていただいたわけです。

さて、馬場先生との撮影当日のお話です。
撮影前のお打ち合わせで、フラワーアレンジメントの展示会やWebなどでのご利用を想定しているとお伺いし、明るく柔らかい印象で撮影することを心がけました。
あと、写真うつりで気にしていることもお尋ねしました。(「写真が苦手」と仰っていたと思います。しかし、お客様で「写真が苦手」な人がほとんどなんです。「得意」な人はほぼいません 笑)

お洋服のセレクトが良く、ホワイトのレースのブラウスと、淡いイエローの小花をちりばめたブラウスの両方で撮影をしました。

ここのところ、プロフィール写真の撮影のご依頼がとても多くなっております。
コロナ禍で、在宅ワークをしている方も多く、会社のグループウェアのアイコン、SNSのアイコンで使いたいという方や、コンサルタントや講師業の方でホームページのプロフィール写真として使いたいという方が多いです。

一言で、「プロフィール写真」といっても、明るく柔らかい雰囲気にしたい場合もありますし、人によっては陰影をハッキリつけて力強さや安定感を出したいご要望の方もいらっしゃいます。
ご要望に応じて、ライティング等を変えていきますので、撮影前にお尋ねいただければと思います。

女性の場合も、男性の場合も、ヘア&メイクを当店で指定してただけますと、ベストです。撮影の際は、広告撮影でも使用するストロボで撮影をしますので、そうした光の強さも考慮してメイクを施していきます。
以前にもご紹介したのですが、当店ヘアメイク担当がメイクをするのとしないとでは、せっかくのお写真の印象もかなり違ってきてしまいます。

稀に、「プロフィール写真がうまく自分で撮れないので、スタジオのカメラは使わなくてもいいから、自分のスマートフォンを使って撮ってもらえますか?」というお客様が年に数人いらっしゃいます。

ですが、このご要望には残念ながらお応えできません。
現在のスマートフォンのカメラ性能は昔と比べ、飛躍的に向上していますが、スタジオ撮影ということを念頭に置いたときに、スマートフォンのカメラではスタジオの光を操作することができないんです。

スタジオの撮影の基本は、まずは光なんです。スタジオにストロボを配置する際は、それを太陽に見立てて、方向や高さ、灯数を決めていくわけです。スマートフォンの撮影では、この光の操作ができないんです。
結局、スマートフォンで撮影をした場合、私が撮影をしても、お客様自身が撮影をしても、ほぼ変わらない写真が出来上がるため、お断りをしている次第です。

私も、商品のカタログやパンフレットの撮影をしたりしますが、一眼カメラで撮影しています。どうしても、スマートフォンのカメラでは、商用撮影ではできないこともあるんです。

プロフィール写真の撮影をお考えの方、是非スタジオブランをご利用、お待ちしております!
ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

宣材・オーディションの全身撮影(立ち姿)で気を付けること

宣材・オーディションの全身撮影(立ち姿)で気を付けること


皆様こんにちは。
関東もそろそろ梅雨入りでしょうか。毎日、雨ですが、いかがお過ごしですか?

宣材写真、オーディション写真とも、どちらも事務所やオーディション応募先で「写真の指定」がある場合は、その規定を守る必要があります。
ですので、事前にお客様の方で、オーディションの募集要項の写真についての指定をよく読んでおいてください。また、その指定を、当スタジオ店頭での申込書に記入してくださいね。
(例えば、全身写真の場合、特に指定のない場合もありますし、真正面、といった指定のある場合などがあります)

さて、本日は宣材写真やオーディション写真についてお話したく思います。

宣材写真やオーディション写真の場合、バストアップ写真の他に全身写真が必要となるケースがほとんどです。
そもそもどうして全身写真が必要なのか考えてみたことありますか?

バストアップ写真は主にその人の「お顔」と雰囲気を見るためのもの。そして全身写真は「スタイル」とその雰囲気を見るためのもの、と考えてよいでしょう。
ですので、全身写真の場合は、”同じ状況でも全身のスタイルをきれいに見せる必要がある”ということです。

それではこの写真を見てください。
ひとつは真正面立ちの写真です。
悪くはないと思いますが・・・

宣材写真・オーディション写真の立ち姿

こちらをご覧ください。
少し斜めを向き、足の置き方を整えることで、スタイルの見映えを良く見せる工夫をしたものです。
(こうしたポージングは、モデルレッスンを受けていらっしゃる方は良くご存じかと思います!)

宣材写真・オーディション写真の立ち姿

実はこの写真は、アナウンサー試験用に撮影した写真で、特に立ち方にも慣れていないお客様なのですが、同じように「どうしたらいいのかわからない!」という方は、是非、スタジオにいらっしゃってカメラマンに相談してみてください。

他のよくあるスタジオの宣材撮影・オーディション撮影は、20~30分くらいでササッと撮影をしておしまいのところもありますが、当店は1時間~1時間半ほどお時間をいただきます。
「ササッと撮ってもらえればいい」という方には不向きかもしれませんが、せっかく撮影する写真なのですから、是非スタジオブランでお気に入りの一枚を目指しませんか?

コロナ禍で、演奏会なども数少なくなっている中、コロナ禍に備えてHP用の写真やパンフレット用の写真を準備している演奏家の方が多いように思われます。
またビジネスプロフィールなど、オンラインでの利用が多くなっているため、コンサルタントや営業マン、会社の社長様からも撮影依頼が多く来ております。

スタジオ店内も機材がむき出しの現場感のあるスタジオですが、きっとご満足いただけるものと思っております。

ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

これから秋はオーディションの季節。その他、婚活写真にもお越しいただいています。

これから秋はオーディションの季節。その他、婚活写真にもお越しいただいています。

皆様こんにちは。
スタジオブラン撮影担当です。

これから、秋にかけてはオーディション応募用の写真撮影が多くなります。そしてそして、婚活写真(お見合い写真)も多くなるんです!
そこで、皆さんから質問されてしまいそうですね。「オーディションとお見合い写真って、かなり違いませんか?」

確かに撮り方は違います。でも、本質的に共通する内容もあります。
それは・・・・「写真を見て、いいな!と思って選んでもらう目的の写真」であることです。

もうひとつ、重要なのは、形を大きく変えたりしてしまうと、逆効果、ということも共通することでしょう。

違う面もあります。オーディション写真の場合は、全身写真が必要なケースが多いです。
全身写真は、なぜ必要なのか。その人のプロポーションを確認するためにあります。
ですから、その被写体が一番きれいなスタイルで映るポーズをとってもらう、ということに撮影時には非常に重きを置きます。

先日、お母さまと一緒にオーディション撮影にいらっしゃいました、高校生のお嬢様!

オーディション写真撮影ポーズをつけた全身写真


どうですか?
スタイルがよい方なので、その良さを強調して撮るべきですよね。
この女性は、ご自身でヘアメイクをされた方です。


ほぼ直立不動で立ってもらうとこんな感じになります。スタイルいいのは変わりませんが、やっぱりこの前の写真の方が、イメージがよく見えませんか?

オーディション写真全身写真ポーズをつけない写真


オーディション写真やお見合い写真の場合、一番大切なことは、修正しすぎないということです。
明るさや、お洋服についたゴミの除去などは行っても、本来の形を変えてしまうと、いくら良く見えても大きく違ってしまうのであれば、元も子もありません。

一番は、その人の良さを引き立たせることで、欠点と思われることもカバーしてゆくことです。
ですので、オーディション撮影や、お見合い写真、婚活写真などの場合は、ヘアセット&フルメイクをつけていただくとベストです。
当スタジオの専任ヘアメイクアップアーティストがしっかりとお客様の良さを引き立たせます。
ご自身でベースメイクをされても、広告撮影でも使用するライティング撮影しますから、お肌が実際よりも白浮きして写ってしまう方もいらしゃいます。
ぜひ、ヘアメイクをつけてみてください。
仕上がりが断然よくなりますよ!

スタジオブラン各店への皆様のご来店をお待ちしております。



スタジオブラン本店のご予約はこちらから

スタジオブラン下北沢店のご予約はこちらから

バレエの宣材、プロフィール撮影

バレエの宣材、プロフィール撮影

皆さま、こんにちは。
暑さも和らぐ気配のない今日この頃、でも、朝夕は少しだけ秋の気配を感じられるのは、筆者だけでしょうか?

さて、本日のご紹介は、バレエの宣材写真です。
宣材写真というよりは、有名な海外のバレエ学校への推薦で提出する写真です。

遠方よりお母様と一緒に、中学生のお嬢様がいらっしゃいました。
いろいろとお話もしても、どこも素敵なところばかりのお嬢様です。

ご来店時には私服でいらっしゃり、スタジオの更衣室で、レオタードに着替えていただきました。
未成年の方は、お母様と一緒にいらっしゃると、いつもの雰囲気が作りやすいと思います。

バレエの宣材写真

バレエ学校応募用の宣材写真だけではなく、劇団、俳優、声優、ダンサー、アイドルなどのオーディション写真をはじめ、婚活写真やお見合い写真、Webやパンフレットに掲載するプロフィール写真もぜひスタジオブランにお任せください。
特に、婚活写真やオーディション撮影、コンポジットや宣材写真の場合は、ヘアメイク対応日にヘアメイクをつけていただくとベストです。

写真用のヘアメイクは、写真うつりに応じて微調整しますので、するとしないとでは、人によっても程度は違いますが、仕上がりの結果も異なってまいります。

お客様がゆったりとしたいつもの雰囲気で撮影できることを、心がけています。

このスタジオは京王線・南武線稲田堤駅のすぐ近くにございますが、東京、神奈川をはじめ、千葉、埼玉、山梨からもご来店がございます。

皆様のご来店をお待ちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

オーディション応募用写真、宣材写真撮影はスタジオブランへ。

モデルオーディション、ダンス、声優、ミュージシャンの宣材写真撮影はフォトスタジオブランへ

当スタジオは、もともと(といいますか、現在もですが)広告用写真の撮影を本業としております。
そのため、モデルさんの撮影の経験は多いのですが、個人でスタジオへご来店いただく際に「オーディション」「宣材写真」といっても、いろいろな形があります。

この記事を読んでいただいてるお客様のほうでも、「こういう写真が必要なんだけれども、撮ってもらえるかな?」とお思いの方も多いと思います。
その疑問にお答えすべく、簡単にプランをご紹介します。

まず、オーディション応募用写真で、バストアップのみという場合では、「宣材写真シンプルプラン」です。
これは、20カット分のお渡しで、必要であれば1カットの補整が付いているものです。(2カット以上の補整もオプションで承ります)
20カットをお渡しということは、20カット以上は必ず撮ります。
小さなお子様から、ティーンズ世代のモデルさん応募、ダンススクールへの公募、一般のモデル応募など多数の利用がございます。

そして、オーディションの提出写真で全身が必要な場合は、「宣材写真スタンダードプラン」にて承ります。
このプランがオーディション撮影では最も多いプランです。バストアップと全身合わせて50カットのお渡しと、必要であれば2カット分の補整がつきます。
オーディションの場合は全身写真が必要な場合が多いのですが、「どういう風に撮られたらいいんだろう?」と悩んでいるお客様。
ご安心ください。経験数の多いスタッフが、立ち方からポージングまで指導させていただくことも可能です。
また、ご自身の思い描いているイメージがありましたら、それも、しっかりとスタッフに伝えてください。
そして、平日の昼間のみとなりますが、ヘアセット(さらにポイントメイク等)のオプションを付けていただくと、きれいに写ります。
ヘアメイクというと「変身してしまうのでは?」と控え気味なお客様も多いのですが、その人の持ち味をきれいに「引き出すメイク」だと思ってください。(もちろん、変身させることもできるのですが、オーディションの審査員はプロですからごまかしは通用しませんし、できるだけ素に近い美しさのほうが有効です)
髪の毛も、ちょっとしたボサボサ感もヘアセットしていただくことによって、印象がよくなる場合がほとんです。
※詳細は、ホームページのヘアメイク対応日カレンダーでご確認ください(通常平日対応日の午前10時~午後3時撮影開始分まで承ります)

そして、最後ですが、既にライブやアーティスト活動をされている方に多いプラン「宣材写真アーティストプラン」です。
先月ご来店いただいた方は、1年の2/3くらいをライブで過ごしている女性アーティストでしたが、マネージャーさんもいらっしゃり、コンセプトがしっかりとしていました。
ライブのチラシや印刷物、Web上に使用されるとのことで、ギターをもっていらっしゃいました。
撮影後、マネージャーさんが「前回別のスタジオで撮影をしたときは、なかなかこちらの意見を聞いてもらえずに、ただ撮り進めるだけでしたが、お話もちゃんと聞いていただけて良かったです!」とのお言葉もいただいております。

モデルオーディション、ダンス、声優、ミュージシャンの宣材写真撮影はフォトスタジオブランへ

モデルオーディション、ダンス、声優、ミュージシャンの宣材写真撮影はフォトスタジオブランへ

もちろんスタジオに持込ができる楽器や小物と一緒に撮影することも可能です。事前にコンセプトやイメージを伝えていただければ、ご相談にも応じます。

ご予約はWEBで受け付けています。


川崎市多摩区の写真館。撮影のご予約は以下のWEB予約より承ります。

<!–

[bms plan_id=1 views=”” default_view=”agendaWeek” all_day_slot=”false” min_time=”10:00″ max_time=”22:00″ remnant_mark=1]

♥ 婚活写真が多い時期です ♥ これで決める!というそこのあなた!スタジオブランで撮影してみてください。

ご無沙汰してます。
夏本番ですね!!

さて、この場を借りて、お客様にご報告がございます。

スタジオブランは移転をしました!
といっても、移転先は稲田堤には変わりありませんが、JR稲田堤駅からですと徒歩1分、京王稲田堤駅からも徒歩3分という好立地に移転をしました。
待合室もスタジオも少し広くなっています。
アクセスがとても便利ですので、遠方のお客様(当スタジオは地元の方は少なく、ほぼ地元外のお客様が90%以上なんです)も是非ご利用くださいませ。

さて、ここのところは、「婚活写真」が多くなってきています。女性も男性も多いです。
俗に言う、お見合い写真、なわけですが、昔のようにかしこまっているのではなく、明るくさりげなく、いつも自分らしさを出したいというお客様が多いです。
あまり、見栄えが良すぎても結果を考えれば朗報にはつながらなかもしれませんし、清潔感と明るさ、その人らしさが出せる撮影を心がけています。
できれば、平日の昼間に来ていただきまして、ヘアメイクのオプションをつけていただけるとベストです。

「さりげなくいつもの自分でいいですから・・・」というお客様も多いのですが、少しでもプロが整えますと、やっぱり違ってきます。
もちろん、ご自身で身だしなみがばっちりなお客様もいらっしゃいますので、その場合はそのままで大丈夫です。

先日の女性のお客様は、明るく真面目で、美しい方でした!!!ヘアセットや前髪がうまく整えられない場合は、平日特定日の昼間のみとなりますが、スタジオのヘアメイクをつけていただくとベストかもしれませんよ。
(ヘアメイク対応日は平日の午前10時~午後3時撮影開始までとなります。平日でも対応不可の場合もありますので、対応日はHP上の「ヘアメイク対応日カレンダー」にてご確認ください)

皆様のご来店をおまちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

春はオーディションの季節。オーディション初心者の宣材撮影もお任せください。

オーディション初心者の宣材撮影もお任せください。

すっかり春になりました。
スタジオブランでは、1月~4月上旬までは、例年、非常にたくさんの就活生のお客様が写真撮影にいらっしゃいます。
そうなんです。就職活動用の証明写真撮影です。
神奈川はもちろん、東京都内、多摩地区、千葉、埼玉、群馬、茨城をはじめ、全国各地からもご来店されます。
連日、スタジオは就活生で満杯でした。

証明写真って、そんなにまでして撮るの?と思われるかもしれませんが、就職用の証明写真は、本人確認用の証明写真とは少し異なります。
ひとつは、採用側から「選ばれる」ための写真だからです。
通常は真正面から撮影しますが、一瞬の素敵な表情を捉えるのもカメラマンの仕事。

オーディションも同じく、「選ばれる」ための写真という性質をもっています。
キレイに撮られる、自分が納得するように撮られる、というのも大切なのかもしれませんが、それが選考側も納得する内容でないと、自己満足だけの写真になってしまいます。
春から夏にかけては、たくさんのオーディション募集があります。
「私も応募してみようかな?」というきっかけを大切にしてください。
「バストアップと全身の写真が必要なんだけど、どうしたらいいのかな?」「どこで撮ればいいのかな?」「ポーズはどうしたらいいんだろう?」
いろいろな疑問や不安もあると思いますが、オーディション用の宣材撮影は当スタジオにお任せください。

春はオーディションの季節。オーディション用宣材写真撮影はスタジオブランへお任せください。

そのほか、婚活用写真、ビジネスプロフィール用のポートレート写真撮影も承ります。

皆様のご来店をお待ちしております。

ヘアセットや前髪がうまく整えられない場合は、平日特定日の昼間のみとなりますが、スタジオのヘアメイクをつけていただくとベストかもしれませんよ。
(ヘアメイク対応日は平日の午前10時~午後3時撮影開始までとなります。平日でも対応不可の場合もありますので、対応日はHP上の「ヘアメイク対応日カレンダー」にてご確認ください)
撮影はこちらからWEBで受け付けております。

タイトルとURLをコピーしました