HOME | スタジオのこだわり | 撮影予約 | 撮影プラン | プリントプラン | 撮影の流れ・Q&A | アクセス | お問合せ | ブログ

舞台女優さんの宣材写真撮影

皆様こんにちは。
フォトスタジオブラン撮影担当です。

現役の舞台女優さんの撮影をしました。
パンフレットなどで使用する宣材撮影です。

プロで活躍されている方は、表情の作り方やポーズの取り方も慣れていらっしゃる場合が多いです。

撮影が苦手というお客様もいらっしゃいますが、カメラマンがリードをして撮影させていただきますので、ご安心ください。

舞台女優さんの宣材写真撮影

オーディション用の写真撮影のお客様も多くいらっしゃいます。
一口にオーディションと言っても、さまざまなジャンルがあります。
ミュージカル、モデル、歌手、声優etc… 特に、オーディションの場合は、本来の自分のイメージからかけ離れた写真だと、マイナス評価につながります。
変に良く見せようとせず、ベストなお客様の表情を撮らえていきたいと思っています。

皆様のご予約お待ちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

劇団四季のオーディション撮影はフォトスタジオブランへ

皆様こんにちは。
フォトスタジオブラン撮影担当です。

本日は、劇団四季のオーディション用写真のお客様がいらっしゃいました。
ヴォーカルクラシック部門をご志望のお客様でした。

今度のオーディションは、劇団四季のHPにも掲載の通り、2019年9月17日(火) 17:00 必着だそうです。
(詳細は、劇団四季HPにてご確認ください)

皆様はご存じかと思いますが、劇団四季の本社はあざみ野にあります。
スタジオブランからも近いということもあり、劇団四季の現役の劇団員の方も、当スタジオに宣材写真を撮りにいらっしゃいます。

餅は餅屋という諺もございます。

皆様が憧れる先のミュージカルスターを撮っているわけですから、ある程度の勝手はわかります。劇団四季を志望する皆様おひとりおひとりの個性も違いますが、できるだけイメージに近づけるように撮影します。

オーディションでは、キャビネ(もしくは2L)の写真プリントが必要になりますが、すべて当スタジオでお作りできます。
よく、「データだけもらって、他でプリントします」という方が稀にいらっしゃいます。ですが、お客様はよくわからないとは思いますが、撮影したスタジオでプリントしたほうがきれいにプリントできます。
撮影した設定でプリント屋さんはプリントできないので、違うお店でプリントすると、色味がかなり違ってきてしまいますのでご注意ください。

このキャビネ判(2Lとほぼ同じです)というのは、お客様はあまり耳にしないサイズだと思いますが、通常、一般的なオーディションの写真サイズがL判(サービスサイズ)ですから、ほぼ2倍の大きさです。
2倍の大きさが必要ということは、それだけ劇団四季が写真を選考で重視しているということです。
ごまかそうと思っても、ごまかせないサイズなんです。

スタジオブランでは、劇団四季の各部門(ヴォーカルクラシック、ヴォーカルポピュラー、演技、ジャズダンス、クラシックバレエ)のどの部門も対応可能です。
お着替えも、広くはございませんが更衣室がございますので、お着替えをお持ちください。

お客様の良さを引き出すというのはもちろんなのですが、スタジオブランは、正当派な写真をおつくりするのがモットーです。
奇をてらうようなポーズは目を引く場合もございますが、すーっと目に入って、いいなと思える写真というのが、オーディション写真には必須です。

オーディションに間に合うようにする撮影のリミットですが、余裕をもって、13日(金)に撮影をして、14日(土)に受け取り、そのまま郵便局に速達依頼をすれば、17日必着できると思います。
皆様のご予約をお待ちしております。

役者志望の男性のオーディション宣材撮影

こんにちは。

最近は、梅雨前というよりは、真夏のような暑さが続いております。 皆様いかがお過ごしですか?

本日は役者志望の男性のオーディション宣材撮影です。

オーディション用の写真撮影のポイントをいくつかお話したいと思います。

まずポイントを先にまとめてみます。

1)背景はすっきりと、白がベスト

2)服装は体系がわかるシンプルなもの

3)メイクはしてもナチュラルで、10代であればノーメイクでも大丈夫

要は、オーディションで審査員に見てもらう写真の場合、 1)は、背景にいろいろと物が写っていてはだめです。無背景で、白がベストです。

2)は、特に全身撮影が必要な場合は、体系の確認にも写真を使用するわけです。 ですので、スタイルが良い悪いではなく、お客様の雰囲気も合わせて、体系がわかるシンプルな服装でなければなりません。 レタッチの修整をしたとしても、大きな修整はNGです。 審査員の方は、「プロ」ですから、下手にごまかしても、面接の時に大きく違っているのならば、良い選考結果にはなりません。

3)は、ナチュラルメイクが基本です。10代の方は、比較的お肌のきれいな方も多いですし、審査員が知りたいのは「素顔」なんです。 もちろん、身だしなみとしてのナチュラルメイクはいいのですが、プロは「この人だったら、メイクをすれば、こんな感じになるね!」というのはわかるんです。 ですから、元の素顔を消してしまうメイクはお控えいただいたほうがよいでしょう。

こちらの男性は、ニュートラルな雰囲気を出したいとのことで、少し柔らかい感じがすると思います。

役者志望オーディション写真

スタジオブランには、東京、神奈川をはじめ、千葉、埼玉、山梨からもご来店がございます。 過去には、TV局や芸能プロダクション(東宝芸能など)に進まれた方も多くいらっしゃいます。 皆様のご来店をお待ちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

オーディション/宣材写真/モデル撮影なら稲田堤のスタジオブランへ

天気予報では週末あたりから冷え込みそうな予報です。

まずは、見ていると、さらに寒さが増しそうな服装のお写真ですが・・・。
しっかりとダンスを訓練している方の、ミュージカル応募提出用のオーディション写真撮影です。
当スタジオでは、ミュージカル、ファッションモデル、司会、アイドル、ナレーター、演劇、ボーカル、声優、ダンサー、バレエなど分野を問わず、オーディション写真の撮影を承ります。
提出先の指定がない限り、バックペーパーは「ホワイト」がオススメです!

ダンス、バレエ、ミュージカルオーディション提出用宣材写真オーディション写真はバストアップ、全身撮影まで対応。衣装換えも承ります。

ヘアセットや前髪がうまく整えられない場合は、平日特定日の昼間のみとなりますが、スタジオのヘアメイクをつけていただくとベストかもしれませんよ。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。


【お客様にお願い】

1月末~4月中旬にかけて、当スタジオは多くの就職用撮影の方で予約がいっぱいになるため、Web予約のプランでは証明写真以外の撮影メニューが表示されておりません。
場合によっては、証明写真以外の撮影も可能ですので、是非というお客様は、お手数ではございますが当スタジオ(Tel.044-572-5958)まで直接お電話にてご確認くださいませ。


オーディション写真宣材撮影