オーディション写真 のお客様にもご来店いただいています!

婚活写真・プロフィール写真・オーディション写真(モデル・芸能・演劇・声優・バレエ等)、アーティスト写真・選挙写真・宣材写真など、「見てもらう」「選んでもらう」写真を得意とするポートレートスタジオです。(遠方からもご来店いただいている理由があります。スタジオは本店下北沢店の2店舗となります)





ダンサーの宣材・プロフィール写真/ビジネスSNSのプロフィール写真撮影などのご予約が多くなっています!

ダンサーの宣材写真

皆様、こんにちは!
10月に入って秋も深まってまいりました。

10月に入ってから、オーディション撮影のお客様や、ビジネスプロフィールを撮影されるお客様が大変多くなっております!
フォトスタジオブランを選んでいただき、ありがとうございました!

限られた時間ではございますが、出来る限りお客様のご要望に沿えますようにスタッフ一同頑張っています!

下北沢店では、ダンサーの方の宣材写真を撮影しました!

本店では、消防団の着衣での撮影をいたしました!

消防団のプロフィール写真

昨今では、リモートワークが多くなっているからでしょうか、「Microsoft Teamsのプロフィールでしっかり見える写真が欲しいんです!」とか、「Zoomでプレゼンするんですけどプレゼン資料に載せるプロフィールを撮ってください!」というビジネスマンの方(特に、コンサルタントや講師の方)も多いんですよ。

こういう写真って、写真館を探してもなかなかプロフィール写真を中心にやっているスタジオってそんなに見つからないはずです。
是非、ビジネスやオーディション、宣材用の写真は、フォトスタジオブランにお任せ下さい!

24時間Webからのご予約をお待ちしております。

フラワーデザイナー馬場慶子先生のプロフィール写真

フラワーデザイナー馬場慶子先生のプロフィール写真

みなさま、本店の撮影担当です。
本日は梅雨でじめじめとしたうっとうしさも忘れるくらいの、明るいお花とプロフィール写真の話題です!

昨年末に、フラワーデザイナーの馬場慶子先生の撮影をしました。
とても上品で、撮影中にお話をしていても華のある魅力的なお方でした。

もうかなり時間が経ってしまったのですが、新宿京王百貨店で開催された展示会でプロフィール写真をお使いいただきました。有難うございます。
気に入っていただけましたでしょうか?

人間国宝の井上萬二先生、そう有田焼の巨匠との「花と器のギフトコラボ展」で、馬場先生はフラワーアレンジメントを担当されました。

私も、展示会のご案内をいただいておりましたが、連日撮影の仕事が入っておりお伺いすることができず残念に思っていたところ、展覧会当日のお写真を送っていただきました!

器はもちろん、手前のお花も後ろのお花もアレンジメントが素敵で、心が安らぎますよね。

私もお花が好きで、先日閉園してしまいましたが、近所の京王フローラルガーデンアンジェによく行ったり、芝桜を見に富士五湖まで出かけたり。
でも、こうした会場の中では、アレンジメントの仕方ひとつで、お花がさらに生き生きしてくるんですね。

職業柄、いろいろなところを見てしまうのですが、仮にこのお花を無くなった会場を想像してみると・・・この会場の雰囲気はすこし冷たい雰囲気になってしまう気がします。
馬場先生アレンジメントのお花が添えられてこそ、会場全体が明るく、さらに井上先生の器も引き立ってくるのだと思いました。

そして、作家の先生のご紹介ということで、馬場先生に当店のプロフィール写真を使っていただいたわけです。

さて、馬場先生との撮影当日のお話です。
撮影前のお打ち合わせで、フラワーアレンジメントの展示会やWebなどでのご利用を想定しているとお伺いし、明るく柔らかい印象で撮影することを心がけました。
あと、写真うつりで気にしていることもお尋ねしました。(「写真が苦手」と仰っていたと思います。しかし、お客様で「写真が苦手」な人がほとんどなんです。「得意」な人はほぼいません 笑)

お洋服のセレクトが良く、ホワイトのレースのブラウスと、淡いイエローの小花をちりばめたブラウスの両方で撮影をしました。

ここのところ、プロフィール写真の撮影のご依頼がとても多くなっております。
コロナ禍で、在宅ワークをしている方も多く、会社のグループウェアのアイコン、SNSのアイコンで使いたいという方や、コンサルタントや講師業の方でホームページのプロフィール写真として使いたいという方が多いです。

一言で、「プロフィール写真」といっても、明るく柔らかい雰囲気にしたい場合もありますし、人によっては陰影をハッキリつけて力強さや安定感を出したいご要望の方もいらっしゃいます。
ご要望に応じて、ライティング等を変えていきますので、撮影前にお尋ねいただければと思います。

女性の場合も、男性の場合も、ヘア&メイクを当店で指定してただけますと、ベストです。撮影の際は、広告撮影でも使用するストロボで撮影をしますので、そうした光の強さも考慮してメイクを施していきます。
以前にもご紹介したのですが、当店ヘアメイク担当がメイクをするのとしないとでは、せっかくのお写真の印象もかなり違ってきてしまいます。

稀に、「プロフィール写真がうまく自分で撮れないので、スタジオのカメラは使わなくてもいいから、自分のスマートフォンを使って撮ってもらえますか?」というお客様が年に数人いらっしゃいます。

ですが、このご要望には残念ながらお応えできません。
現在のスマートフォンのカメラ性能は昔と比べ、飛躍的に向上していますが、スタジオ撮影ということを念頭に置いたときに、スマートフォンのカメラではスタジオの光を操作することができないんです。

スタジオの撮影の基本は、まずは光なんです。スタジオにストロボを配置する際は、それを太陽に見立てて、方向や高さ、灯数を決めていくわけです。スマートフォンの撮影では、この光の操作ができないんです。
結局、スマートフォンで撮影をした場合、私が撮影をしても、お客様自身が撮影をしても、ほぼ変わらない写真が出来上がるため、お断りをしている次第です。

私も、商品のカタログやパンフレットの撮影をしたりしますが、一眼カメラで撮影しています。どうしても、スマートフォンのカメラでは、商用撮影ではできないこともあるんです。

プロフィール写真の撮影をお考えの方、是非スタジオブランをご利用、お待ちしております!
ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

宣材・オーディションの全身撮影(立ち姿)で気を付けること

宣材・オーディションの全身撮影(立ち姿)で気を付けること


皆様こんにちは。
関東もそろそろ梅雨入りでしょうか。毎日、雨ですが、いかがお過ごしですか?

宣材写真、オーディション写真とも、どちらも事務所やオーディション応募先で「写真の指定」がある場合は、その規定を守る必要があります。
ですので、事前にお客様の方で、オーディションの募集要項の写真についての指定をよく読んでおいてください。また、その指定を、当スタジオ店頭での申込書に記入してくださいね。
(例えば、全身写真の場合、特に指定のない場合もありますし、真正面、といった指定のある場合などがあります)

さて、本日は宣材写真やオーディション写真についてお話したく思います。

宣材写真やオーディション写真の場合、バストアップ写真の他に全身写真が必要となるケースがほとんどです。
そもそもどうして全身写真が必要なのか考えてみたことありますか?

バストアップ写真は主にその人の「お顔」と雰囲気を見るためのもの。そして全身写真は「スタイル」とその雰囲気を見るためのもの、と考えてよいでしょう。
ですので、全身写真の場合は、”同じ状況でも全身のスタイルをきれいに見せる必要がある”ということです。

それではこの写真を見てください。
ひとつは真正面立ちの写真です。
悪くはないと思いますが・・・

宣材写真・オーディション写真の立ち姿

こちらをご覧ください。
少し斜めを向き、足の置き方を整えることで、スタイルの見映えを良く見せる工夫をしたものです。
(こうしたポージングは、モデルレッスンを受けていらっしゃる方は良くご存じかと思います!)

宣材写真・オーディション写真の立ち姿

実はこの写真は、アナウンサー試験用に撮影した写真で、特に立ち方にも慣れていないお客様なのですが、同じように「どうしたらいいのかわからない!」という方は、是非、スタジオにいらっしゃってカメラマンに相談してみてください。

他のよくあるスタジオの宣材撮影・オーディション撮影は、20~30分くらいでササッと撮影をしておしまいのところもありますが、当店は1時間~1時間半ほどお時間をいただきます。
「ササッと撮ってもらえればいい」という方には不向きかもしれませんが、せっかく撮影する写真なのですから、是非スタジオブランでお気に入りの一枚を目指しませんか?

コロナ禍で、演奏会なども数少なくなっている中、コロナ禍に備えてHP用の写真やパンフレット用の写真を準備している演奏家の方が多いように思われます。
またビジネスプロフィールなど、オンラインでの利用が多くなっているため、コンサルタントや営業マン、会社の社長様からも撮影依頼が多く来ております。

スタジオ店内も機材がむき出しの現場感のあるスタジオですが、きっとご満足いただけるものと思っております。

ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

オーディション写真、宣材写真は表情だけではありません!ポージングも重要です。

オーディション写真、宣材写真は表情だけではありません!ポージングも重要です。

皆様こんにちは。
スタジオブラン下北沢店のカメラマンの星名です。

世の中には、たくさんの写真スタジオ、写真館、フォトスタジオがありますよね?
でも、撮影する内容はたくさんあると思います。
たとえば、家族写真や記念写真、そして、オーディションやプロフィール、宣材写真。

スタジオブランは、「第三者に見てもらう」「ほかの人に選んでもらう」「その人の特長を上手に伝える」という、見てもらうための写真を得意としています。

たとえば、オーディション写真というものは、その最たるものだと思います。

オーディションの目的は、モデルさん、芸能事務所、声優さん、劇団員、ダンサー、クラシックバレエ、ミュージカル、ミュージシャンなど多岐にわたります。
提出写真のなかでも、バストアップだけ提出する必要のある場合や、追加で全身写真を提出する必要のある場合もありますが、両方とも提出する必要のある場合、それはなぜでしょうか?

「提出しろ」と言われているから提出する人がほとんどでしょうが、私などの宣材撮影に携わってきたプロカメラマンであれば、撮影の目的を考えるわけです。
バストアップは、お顔の表情や、形、雰囲気をみるためのものです。一方で、全身写真は全体の雰囲気や、スタイルをみるためのものです。

特に、全身写真が必要な場合は、スタイルがきれいに見えたり、仕草が素敵に見えれば、プラス要素になります。

ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

さて、先日、オーデション用としてセーラー服での写真撮影を行いました(コスプレ写真ではありませんよ)が、そのときにさまざまにポージングを変えていくということを行ってみました。

次の写真を見てください。モデルさんは、すこしポーズを変えていくだけで、雰囲気や仕草もかわいらしくみえますし、表情も豊かになっていると思いませんか?

オーディション撮影では、ヘアメイクをつけていただくのがベストです。(つけない方もいらっしゃいますが、仕上がりが断然違います)

当スタジオは、他人に見てもらったり、評価していただくための写真を得意としています。

この機会に、ぜひ、スタジオブラン下北沢店をご利用ください。

 

ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

これから秋はオーディションの季節。その他、婚活写真にもお越しいただいています。

これから秋はオーディションの季節。その他、婚活写真にもお越しいただいています。

皆様こんにちは。
スタジオブラン撮影担当です。

これから、秋にかけてはオーディション応募用の写真撮影が多くなります。そしてそして、婚活写真(お見合い写真)も多くなるんです!
そこで、皆さんから質問されてしまいそうですね。「オーディションとお見合い写真って、かなり違いませんか?」

確かに撮り方は違います。でも、本質的に共通する内容もあります。
それは・・・・「写真を見て、いいな!と思って選んでもらう目的の写真」であることです。

もうひとつ、重要なのは、形を大きく変えたりしてしまうと、逆効果、ということも共通することでしょう。

違う面もあります。オーディション写真の場合は、全身写真が必要なケースが多いです。
全身写真は、なぜ必要なのか。その人のプロポーションを確認するためにあります。
ですから、その被写体が一番きれいなスタイルで映るポーズをとってもらう、ということに撮影時には非常に重きを置きます。

先日、お母さまと一緒にオーディション撮影にいらっしゃいました、高校生のお嬢様!

オーディション写真撮影ポーズをつけた全身写真


どうですか?
スタイルがよい方なので、その良さを強調して撮るべきですよね。
この女性は、ご自身でヘアメイクをされた方です。


ほぼ直立不動で立ってもらうとこんな感じになります。スタイルいいのは変わりませんが、やっぱりこの前の写真の方が、イメージがよく見えませんか?

オーディション写真全身写真ポーズをつけない写真


オーディション写真やお見合い写真の場合、一番大切なことは、修正しすぎないということです。
明るさや、お洋服についたゴミの除去などは行っても、本来の形を変えてしまうと、いくら良く見えても大きく違ってしまうのであれば、元も子もありません。

一番は、その人の良さを引き立たせることで、欠点と思われることもカバーしてゆくことです。
ですので、オーディション撮影や、お見合い写真、婚活写真などの場合は、ヘアセット&フルメイクをつけていただくとベストです。
当スタジオの専任ヘアメイクアップアーティストがしっかりとお客様の良さを引き立たせます。
ご自身でベースメイクをされても、広告撮影でも使用するライティング撮影しますから、お肌が実際よりも白浮きして写ってしまう方もいらしゃいます。
ぜひ、ヘアメイクをつけてみてください。
仕上がりが断然よくなりますよ!

スタジオブラン各店への皆様のご来店をお待ちしております。



スタジオブラン本店のご予約はこちらから

スタジオブラン下北沢店のご予約はこちらから

舞台女優さんの宣材写真撮影

舞台女優さんの宣材写真撮影

皆様こんにちは。
フォトスタジオブラン撮影担当です。

現役の舞台女優さんの撮影をしました。
パンフレットなどで使用する宣材撮影です。

プロで活躍されている方は、表情の作り方やポーズの取り方も慣れていらっしゃる場合が多いです。

撮影が苦手というお客様もいらっしゃいますが、カメラマンがリードをして撮影させていただきますので、ご安心ください。

舞台女優さんの宣材写真撮影

オーディション用の写真撮影のお客様も多くいらっしゃいます。
一口にオーディションと言っても、さまざまなジャンルがあります。
ミュージカル、モデル、歌手、声優etc… 特に、オーディションの場合は、本来の自分のイメージからかけ離れた写真だと、マイナス評価につながります。
変に良く見せようとせず、ベストなお客様の表情を撮らえていきたいと思っています。

皆様のご予約お待ちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

ヘアメイクをした場合の仕上がりの違いについて

ヘアメイクをした場合の仕上がりの違いについて

皆様こんにちは。
フォトスタジオブラン撮影担当です。

本日は、写真スタジオでヘアメイクをした場合としない場合とでは、仕上がりはどのように違うのか、ということをお客様にご説明したく思います。

お客様の中には、身だしなみをきちんとしていらっしゃり、そのままでもほぼ大丈夫な方もいます。
しかし、撮影ですので、できる限りヘアメイクをつけていただくと、仕上がりはよくなると思います。

特に、お見合い写真(婚活写真)、プロフィール写真、オーディション写真、選挙のポスター写真などは、ヘアメイクをつけていただくと、写真に合うメイクの仕方をヘアメイクが心得ていますので、お客様のご要望に合わせて整えさせていただきます。
(ヘアメイク対応日は、このホームページの「ヘアメイク対応日カレンダー」にてご確認ください)
どうしてもヘアメイクしたくても、当スタジオのヘアメイク対応日に合わない場合は、行きつけの美容室でヘアメイクされるのも一つの手かもしれません。

さて、こちらは「演奏家プロフィール」の実際のお客様のお写真で、一番左がご自身でヘアメイクいただいた写真です。(掲載には許可をいただいています)

真ん中と右の写真は、スタジオのヘアメイクアップアーティストが、髪型とメイクアップを施したお写真です
どちらが美しく見えますでしょうか?

プロフィール写真、オーディション写真、婚活写真、ヘアメイクはどうする?

このスタジオは京王線・南武線稲田堤駅のすぐ近くにございますが、東京、神奈川をはじめ、千葉、埼玉、山梨からもご来店がございます。

皆様のご来店をお待ちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

劇団四季のオーディション撮影はフォトスタジオブランへ

皆様こんにちは。
フォトスタジオブラン撮影担当です。

本日は、劇団四季のオーディション用写真のお客様がいらっしゃいました。
ヴォーカルクラシック部門をご志望のお客様でした。

今度のオーディションは、劇団四季のHPにも掲載の通り、2019年9月17日(火) 17:00 必着だそうです。
(詳細は、劇団四季HPにてご確認ください)

皆様はご存じかと思いますが、劇団四季の本社はあざみ野にあります。
スタジオブランからも近いということもあり、劇団四季の現役の劇団員の方も、当スタジオに宣材写真を撮りにいらっしゃいます。

餅は餅屋という諺もございます。

皆様が憧れる先のミュージカルスターを撮っているわけですから、ある程度の勝手はわかります。劇団四季を志望する皆様おひとりおひとりの個性も違いますが、できるだけイメージに近づけるように撮影します。

オーディションでは、キャビネ(もしくは2L)の写真プリントが必要になりますが、すべて当スタジオでお作りできます。
よく、「データだけもらって、他でプリントします」という方が稀にいらっしゃいます。ですが、お客様はよくわからないとは思いますが、撮影したスタジオでプリントしたほうがきれいにプリントできます。
撮影した設定でプリント屋さんはプリントできないので、違うお店でプリントすると、色味がかなり違ってきてしまいますのでご注意ください。

このキャビネ判(2Lとほぼ同じです)というのは、お客様はあまり耳にしないサイズだと思いますが、通常、一般的なオーディションの写真サイズがL判(サービスサイズ)ですから、ほぼ2倍の大きさです。
2倍の大きさが必要ということは、それだけ劇団四季が写真を選考で重視しているということです。
ごまかそうと思っても、ごまかせないサイズなんです。

スタジオブランでは、劇団四季の各部門(ヴォーカルクラシック、ヴォーカルポピュラー、演技、ジャズダンス、クラシックバレエ)のどの部門も対応可能です。
お着替えも、広くはございませんが更衣室がございますので、お着替えをお持ちください。

お客様の良さを引き出すというのはもちろんなのですが、スタジオブランは、正当派な写真をおつくりするのがモットーです。
奇をてらうようなポーズは目を引く場合もございますが、すーっと目に入って、いいなと思える写真というのが、オーディション写真には必須です。

オーディションに間に合うようにする撮影のリミットですが、余裕をもって、13日(金)に撮影をして、14日(土)に受け取り、そのまま郵便局に速達依頼をすれば、17日必着できると思います。
皆様のご予約をお待ちしております。

フォトスタジオブラン

バレエの宣材、プロフィール撮影

バレエの宣材、プロフィール撮影

皆さま、こんにちは。
暑さも和らぐ気配のない今日この頃、でも、朝夕は少しだけ秋の気配を感じられるのは、筆者だけでしょうか?

さて、本日のご紹介は、バレエの宣材写真です。
宣材写真というよりは、有名な海外のバレエ学校への推薦で提出する写真です。

遠方よりお母様と一緒に、中学生のお嬢様がいらっしゃいました。
いろいろとお話もしても、どこも素敵なところばかりのお嬢様です。

ご来店時には私服でいらっしゃり、スタジオの更衣室で、レオタードに着替えていただきました。
未成年の方は、お母様と一緒にいらっしゃると、いつもの雰囲気が作りやすいと思います。

バレエの宣材写真

バレエ学校応募用の宣材写真だけではなく、劇団、俳優、声優、ダンサー、アイドルなどのオーディション写真をはじめ、婚活写真やお見合い写真、Webやパンフレットに掲載するプロフィール写真もぜひスタジオブランにお任せください。
特に、婚活写真やオーディション撮影、コンポジットや宣材写真の場合は、ヘアメイク対応日にヘアメイクをつけていただくとベストです。

写真用のヘアメイクは、写真うつりに応じて微調整しますので、するとしないとでは、人によっても程度は違いますが、仕上がりの結果も異なってまいります。

お客様がゆったりとしたいつもの雰囲気で撮影できることを、心がけています。

このスタジオは京王線・南武線稲田堤駅のすぐ近くにございますが、東京、神奈川をはじめ、千葉、埼玉、山梨からもご来店がございます。

皆様のご来店をお待ちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

役者志望の男性のオーディション宣材撮影

役者志望の男性のオーディション宣材撮影

こんにちは。

最近は、梅雨前というよりは、真夏のような暑さが続いております。 皆様いかがお過ごしですか?

本日は役者志望の男性のオーディション宣材撮影です。

オーディション用の写真撮影のポイントをいくつかお話したいと思います。

まずポイントを先にまとめてみます。

1)背景はすっきりと、白がベスト

2)服装は体系がわかるシンプルなもの

3)メイクはしてもナチュラルで、10代であればノーメイクでも大丈夫

要は、オーディションで審査員に見てもらう写真の場合、 1)は、背景にいろいろと物が写っていてはだめです。無背景で、白がベストです。

2)は、特に全身撮影が必要な場合は、体系の確認にも写真を使用するわけです。 ですので、スタイルが良い悪いではなく、お客様の雰囲気も合わせて、体系がわかるシンプルな服装でなければなりません。 レタッチの修整をしたとしても、大きな修整はNGです。 審査員の方は、「プロ」ですから、下手にごまかしても、面接の時に大きく違っているのならば、良い選考結果にはなりません。

3)は、ナチュラルメイクが基本です。10代の方は、比較的お肌のきれいな方も多いですし、審査員が知りたいのは「素顔」なんです。 もちろん、身だしなみとしてのナチュラルメイクはいいのですが、プロは「この人だったら、メイクをすれば、こんな感じになるね!」というのはわかるんです。 ですから、元の素顔を消してしまうメイクはお控えいただいたほうがよいでしょう。

こちらの男性は、ニュートラルな雰囲気を出したいとのことで、少し柔らかい感じがすると思います。

役者志望オーディション写真

スタジオブランには、東京、神奈川をはじめ、千葉、埼玉、山梨からもご来店がございます。 過去には、TV局や芸能プロダクション(東宝芸能など)に進まれた方も多くいらっしゃいます。 皆様のご来店をお待ちしております。

撮影はこちらからWEBで受け付けております。

タイトルとURLをコピーしました