アイドルオーディション のお客様にもご来店いただいています!

婚活写真・プロフィール写真・オーディション写真(モデル・芸能・演劇・声優・バレエ等)、アーティスト写真・選挙写真・宣材写真など、「見てもらう」「選んでもらう」写真を得意とするポートレートスタジオです。(遠方からもご来店いただいている理由があります。スタジオは本店下北沢店の2店舗となります)





劇団四季研究生オーディション2021の応募用写真のお客様が多くなってきました。

劇団四季研究生オーディション2021

こんにちは、9月に入って、随分暑さも弱まってきました!
みなさま、いかがお過ごしですか?

さてさて、今日は、「劇団四季2021年研究生オーディション」用のオーディション写真です。
そもそも、スタジオブランは劇団四季の本社から比較的近く、実際の団員さんも宣材写真の撮影に来るのですが、今回はオーディションについてのお話です。

先日、劇団四季のHPより、「研究生オーディション」の開催が発表されました。
スタジオブランの本店、下北沢店にも、このオーディション用写真でのご来店がとても増えています。
過去には、当スタジオで撮影された方も合格しています。

昨年のオーディションは中止となってしまっただけあって、またとないチャンスかもしれませんね。

ヴォーカルクラシック、ヴォーカルポピュラー、演技、ジャズダンス、クラシックバレエそれぞれの部門がありますので、部門に合わせてお召し物もよく考えてきてください。
例えば、クラッシックバレエの場合はバレエレオタードなどがベストですね。
他の部門でも、スタジオでお洋服のお着替えはできます。
また、オーディションの場合は、必ずといっていいほど、ヘアメイクをつけていただくと断然仕上がり感がよくなってきます。
自己流メイクだと、スタジオの強いライティングでお肌が白く見えてしまうことが懸念点ですが、プロのメイクですとその心配がなくなります!

劇団四季のオーディションでは、例年バストアップと全身写真の2枚をそれぞれ2Lサイズの写真で提出していただく形ですが、今年も同じです。
2Lサイズのプリントも可能ですので、ご来店時にお申し付けください。

劇団四季2021年研究生オーディションのご予約は、「宣材スタンダードプラン」+「ヘアメイク」で承ります。

応募締め切りは・・・HPには「9月21日(火)15:00必着」と書かれています。
一昨年、ぎりぎりで撮影をされた方がいたのですが、気持ちに余裕があると表情にも余裕が出てきます!

応募要項については、以下の劇団四季オーディションページをご参照ください。

劇団四季 オーディション情報
劇団四季のオーディション情報<夢を追いかける、多くの才能たちへ。舞台に生きる喜びが、「四季」にはあります。>

皆様のお早めのご来店をお待ちしております!

劇団四季研究生オーディション2021

フラワーデザイナー馬場慶子先生のプロフィール写真

フラワーデザイナー馬場慶子先生のプロフィール写真

みなさま、本店の撮影担当です。
本日は梅雨でじめじめとしたうっとうしさも忘れるくらいの、明るいお花とプロフィール写真の話題です!

昨年末に、フラワーデザイナーの馬場慶子先生の撮影をしました。
とても上品で、撮影中にお話をしていても華のある魅力的なお方でした。

もうかなり時間が経ってしまったのですが、新宿京王百貨店で開催された展示会でプロフィール写真をお使いいただきました。有難うございます。
気に入っていただけましたでしょうか?

人間国宝の井上萬二先生、そう有田焼の巨匠との「花と器のギフトコラボ展」で、馬場先生はフラワーアレンジメントを担当されました。

私も、展示会のご案内をいただいておりましたが、連日撮影の仕事が入っておりお伺いすることができず残念に思っていたところ、展覧会当日のお写真を送っていただきました!

器はもちろん、手前のお花も後ろのお花もアレンジメントが素敵で、心が安らぎますよね。

私もお花が好きで、先日閉園してしまいましたが、近所の京王フローラルガーデンアンジェによく行ったり、芝桜を見に富士五湖まで出かけたり。
でも、こうした会場の中では、アレンジメントの仕方ひとつで、お花がさらに生き生きしてくるんですね。

職業柄、いろいろなところを見てしまうのですが、仮にこのお花を無くなった会場を想像してみると・・・この会場の雰囲気はすこし冷たい雰囲気になってしまう気がします。
馬場先生アレンジメントのお花が添えられてこそ、会場全体が明るく、さらに井上先生の器も引き立ってくるのだと思いました。

そして、作家の先生のご紹介ということで、馬場先生に当店のプロフィール写真を使っていただいたわけです。

さて、馬場先生との撮影当日のお話です。
撮影前のお打ち合わせで、フラワーアレンジメントの展示会やWebなどでのご利用を想定しているとお伺いし、明るく柔らかい印象で撮影することを心がけました。
あと、写真うつりで気にしていることもお尋ねしました。(「写真が苦手」と仰っていたと思います。しかし、お客様で「写真が苦手」な人がほとんどなんです。「得意」な人はほぼいません 笑)

お洋服のセレクトが良く、ホワイトのレースのブラウスと、淡いイエローの小花をちりばめたブラウスの両方で撮影をしました。

ここのところ、プロフィール写真の撮影のご依頼がとても多くなっております。
コロナ禍で、在宅ワークをしている方も多く、会社のグループウェアのアイコン、SNSのアイコンで使いたいという方や、コンサルタントや講師業の方でホームページのプロフィール写真として使いたいという方が多いです。

一言で、「プロフィール写真」といっても、明るく柔らかい雰囲気にしたい場合もありますし、人によっては陰影をハッキリつけて力強さや安定感を出したいご要望の方もいらっしゃいます。
ご要望に応じて、ライティング等を変えていきますので、撮影前にお尋ねいただければと思います。

女性の場合も、男性の場合も、ヘア&メイクを当店で指定してただけますと、ベストです。撮影の際は、広告撮影でも使用するストロボで撮影をしますので、そうした光の強さも考慮してメイクを施していきます。
以前にもご紹介したのですが、当店ヘアメイク担当がメイクをするのとしないとでは、せっかくのお写真の印象もかなり違ってきてしまいます。

稀に、「プロフィール写真がうまく自分で撮れないので、スタジオのカメラは使わなくてもいいから、自分のスマートフォンを使って撮ってもらえますか?」というお客様が年に数人いらっしゃいます。

ですが、このご要望には残念ながらお応えできません。
現在のスマートフォンのカメラ性能は昔と比べ、飛躍的に向上していますが、スタジオ撮影ということを念頭に置いたときに、スマートフォンのカメラではスタジオの光を操作することができないんです。

スタジオの撮影の基本は、まずは光なんです。スタジオにストロボを配置する際は、それを太陽に見立てて、方向や高さ、灯数を決めていくわけです。スマートフォンの撮影では、この光の操作ができないんです。
結局、スマートフォンで撮影をした場合、私が撮影をしても、お客様自身が撮影をしても、ほぼ変わらない写真が出来上がるため、お断りをしている次第です。

私も、商品のカタログやパンフレットの撮影をしたりしますが、一眼カメラで撮影しています。どうしても、スマートフォンのカメラでは、商用撮影ではできないこともあるんです。

プロフィール写真の撮影をお考えの方、是非スタジオブランをご利用、お待ちしております!
ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

宣材・オーディションの全身撮影(立ち姿)で気を付けること

宣材・オーディションの全身撮影(立ち姿)で気を付けること


皆様こんにちは。
関東もそろそろ梅雨入りでしょうか。毎日、雨ですが、いかがお過ごしですか?

宣材写真、オーディション写真とも、どちらも事務所やオーディション応募先で「写真の指定」がある場合は、その規定を守る必要があります。
ですので、事前にお客様の方で、オーディションの募集要項の写真についての指定をよく読んでおいてください。また、その指定を、当スタジオ店頭での申込書に記入してくださいね。
(例えば、全身写真の場合、特に指定のない場合もありますし、真正面、といった指定のある場合などがあります)

さて、本日は宣材写真やオーディション写真についてお話したく思います。

宣材写真やオーディション写真の場合、バストアップ写真の他に全身写真が必要となるケースがほとんどです。
そもそもどうして全身写真が必要なのか考えてみたことありますか?

バストアップ写真は主にその人の「お顔」と雰囲気を見るためのもの。そして全身写真は「スタイル」とその雰囲気を見るためのもの、と考えてよいでしょう。
ですので、全身写真の場合は、”同じ状況でも全身のスタイルをきれいに見せる必要がある”ということです。

それではこの写真を見てください。
ひとつは真正面立ちの写真です。
悪くはないと思いますが・・・

宣材写真・オーディション写真の立ち姿

こちらをご覧ください。
少し斜めを向き、足の置き方を整えることで、スタイルの見映えを良く見せる工夫をしたものです。
(こうしたポージングは、モデルレッスンを受けていらっしゃる方は良くご存じかと思います!)

宣材写真・オーディション写真の立ち姿

実はこの写真は、アナウンサー試験用に撮影した写真で、特に立ち方にも慣れていないお客様なのですが、同じように「どうしたらいいのかわからない!」という方は、是非、スタジオにいらっしゃってカメラマンに相談してみてください。

他のよくあるスタジオの宣材撮影・オーディション撮影は、20~30分くらいでササッと撮影をしておしまいのところもありますが、当店は1時間~1時間半ほどお時間をいただきます。
「ササッと撮ってもらえればいい」という方には不向きかもしれませんが、せっかく撮影する写真なのですから、是非スタジオブランでお気に入りの一枚を目指しませんか?

コロナ禍で、演奏会なども数少なくなっている中、コロナ禍に備えてHP用の写真やパンフレット用の写真を準備している演奏家の方が多いように思われます。
またビジネスプロフィールなど、オンラインでの利用が多くなっているため、コンサルタントや営業マン、会社の社長様からも撮影依頼が多く来ております。

スタジオ店内も機材がむき出しの現場感のあるスタジオですが、きっとご満足いただけるものと思っております。

ご予約はこちらのNet予約から、24時間承ります!

タイトルとURLをコピーしました