宣材写真の撮影─評判をよくするコンポジ写真の重要性

宣材写真の撮影─評判をよくするコンポジ写真の重要性

本日は、コンポジット用(コンポジ写真)の撮影をしました。
モデルとなる方は、清楚なイメージがありましたが、お話ししてみると元気いっぱい方でした。

コンポジには必ず写真が必要になります。オーディション用であったり、モデルさんの販促用であったりしますが、イメージを視覚で伝えるお仕事であれば、写真はとても重要です。
芸能界ですでに活躍中の方にとっては、宣材写真がどれだけ大切かはご存知のとおりです。
当スタジオでは、過去に、タカラジェンヌもお撮りしています。

いろいろな写真スタジオで、いろいろなオーディション写真の撮り方がありますが、当スタジオが心がけているのは、次の点です。

1)被写体が持つ、イメージの良い点を引き出す。
2)ごまかさないで、ありのままを写す
3)バックを飛ばす
4)ポージングや表情は指導(リード)する
5)楽しく撮られていただく

以上です。

特に、2)の「ありのままを写す」というのは、本当に重要です。
オーディションの写真だからといって、過度なお化粧はあまりお奨めしません。
なぜならば、オーディションの審査員はその道のプロですから、できれば「素顔」を見たいのです。
素顔を見ただけで、「ヘアメイクすれば、こう変わるね」というのが、ぱっとわかります。
当スタジオの運営会社は、モデルのレッスンなどもしていますので、そういった点は強みなんです。
お化粧というものは、本来の良さに添えるものです。
ですから、ナチュラルメイクが一番だと思っています。

お洋服は、できれば2、3着はお持ちになると良いと思います。
ご自身で気に入っている服でも、いざ写してみたりすると、よくない場合もあります。
そういった点も一緒に考えながら撮影いたします。

都心からわざわざお客様にお越しいただきありがとうございます。
オーデション応募が初めての方でも安心していらしてください。

ご予約はWEBで受け付けています。


川崎市多摩区の写真館。撮影のご予約は以下のWEB予約より承ります。


<!–

[bms plan_id=1 views=”” default_view=”agendaWeek” all_day_slot=”false” min_time=”10:00″ max_time=”22:00″ remnant_mark=1]